クイックボンドは㈱関西ポリマー研究所で研究、合成、製品化され上市されている瞬間接着剤の商標であります。
クイックボンドの主成分は、シアノアクリレートと云われる非常に活性な化学物質(モノマー)で液状をしています。

液状モノマーが天然に存在する水や様々な物質に接触すると短時間の内に重合体(ポリマー)を作り固形化する性質を応用した接着剤です。

これを瞬間接着剤と言い短時間で強力に接着出来ることから現在では色々な工業分野で応用されると同時に一般家庭でも幅広く利用され続けております。

≪難接着素材用瞬間接着剤・クイックボンドV7系≫
近年、環境問題への取り組みの一つとして、廃棄物の焼却処理時に発生するダイオキシン類の原因とされる塩化ビニール系素材の使用が規制され、代わりにポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエステル、シリコン、その他難接着性素材が多く用いられておりますが、それらの接着剤として開発されたものです。

≪耐衝撃性改良型瞬間接着剤クイックボンドS系≫
瞬間接着剤で接着した物は、落したり衝撃が加わると簡単に外れると云われておりますが、その性質を改良したもので、鋼×鋼、ステンレス、アルミ、これら金属とゴム、プラスチックなど異種素材との接着強度も優れています。

その他の機能性瞬間接着剤瞬間接着剤に接着補強剤を接着時に接触させる事によってより瞬間的にタイル、ブロック、トタン、べニヤ板など従来の瞬間では接着しにくかった凸凹面やザラザラ素材も簡単に接着できる
クイックボンドJP系!また、接着速度を極めて速くした
超速型瞬間接着剤としてクイックボンドFなども研究、開発されています。

 

最近、脱毛に通い始めました。昔から毛が濃かったので、コンプレックス解消のためにも!以下の3部位を脱毛しています!

①足のすね
どれだけ処理してもどんどん太いのが生えてきます。スカートはもちろん少し足首が出るパンツすら履けず年中長ズボン生活。試着するにも「今日処理してたかな」とそっと足を見て、黒かったらアウト。いちいち面倒なのでボトムの試着をすることなく、スカートなんてここ何年も買っていません。学生時代、制服がスカートだったので、常に気を付けておくのが面倒でした。
②腕
冬場は長袖なのでそんなに目立ちませんが、半そでになる季節が憂鬱です。こちらはすねとは違い、細い毛ですが、量が半端なく多いんです。これも基本的にはカミソリで処理しますが、足よりもピリピリ感がひどく肌が荒れるように思います。剃れば剃るほど、濃くなるというより増えているのか?と思い、こちらも思い切ってガムテープで処理してみました。やはり足よりも細くて長いからか、痛みも倍増。一回やってみて挫折しました。
③手足の指
なかなか見逃しがちですが、手は仕事で複数の人の目に触れますし、足は夏場サンダルを履いた時にすごく目立ちます。指は、毛抜きで抜くことが多いですが結構放置してて量が多い時はカミソリで処理します。その時間力を入れすぎて何ど指を切ったことか。
以上が私の体毛処理の悩みです。

 

基本的に、カミソリで剃る。といいう方法で処理してましたが、肌が荒れてピリピリするし、剃れば剃るほど濃いのが生える、そして回数を重ねる程毛穴が真っ赤になって目立ちます。

しかも、翌日にはもう生えてきて処理が面倒。そこで、脱毛をしようと考え、脱毛クリームや除毛液を使いましたが、全く抜けませんでした。

仕方なくガムテープを使うと、見事に脱毛成功。ただ、これがとてつもなく痛いし肌が真っ赤に荒れます。こんなことを繰り返すわけにもいかないので、脱毛に通ったってわけです。

東京から東大阪市に引っ越してきたばかりだったので、このサイトを見つけれて良かったです♪

※東大阪市の脱毛情報をまとめたサイト⇒http://xn--n9jv04jthd7wlsqfll1bzx4a.com/

私は、幼少期から身長が低く骨太でとても毛深いせす。特に毛深いのは深刻で、産毛は長く濃い。小学生にはカミソリでお腹以外自己処理をしていました。

それが徐々に男性のような太く、中学にはしっかりとした毛質となり、剃っても青ひげのようになり肌もボロボロに。肌を出す事がとても恥ずかしく、海やプールに誘われても何かと理由をつけては断っていました。水着は憧れで、楽しんでいる人を見ては羨ましくおもっていました。

中学卒業してすぐバイトをして、貯めたお金で脱毛エステに通いました。半年間は変化はなかったのですが、徐々に少しづつ細くなっていきました。1年半通い、ようやく周りの女性と変わらないほどとなり辞めてやっと楽しめると思ってましたが、脱毛したことにより多汗症になりました。

脇パットも意味がないくらい常に汗がでました。ジメジメしてるので、臭いも気になりように。夏場はタオル生地のハンカチを脇に挟まないと、とても洋服が着られないほどに。皮膚科に相談しましたが、止める手術しかないと言われ、手術する勇気もなく断念をしました。

毎日が戦いで、朝と夜お風呂に入り下着は速乾と消臭のもの。社会人になっても、Yシャツに透けないようにパットを常に交換していました。

妊娠をキッカケに、また体毛も太く濃くなり以前と変わらないようになってしまい、身体も黒ずみもすぐなるように。精神的に追い詰めてしまい、また皮膚科へ通いました。

汗は後回しで、すねと脇を医療脱毛することに。エステとは全く違い、直ぐに効果が。悩んでいたのがウソみたいに綺麗になりました。私のように、普通に処理できない人は多少高くてもやっぱり皮膚科で治療したほうがいいです。次は、VIOとヒップと太ももを脱毛予定です。

☆このサイトで医療脱毛のこと調べました⇒医療脱毛福岡

黒ずみはまだまだ時間がかかり、日々の習慣としてクリームや、今はまっている自作ホエイ液でケアをしています。背中全体も、濃い産毛ですが1つづつ解決していこうと思います。ホエイ液で少しですが、毛穴が小さくなり以前よりあまり目立たなくなりました。

 

私が脱毛をしたいと思うのは、腕の毛です。口周りや脇や足などの毛はさほど濃くないので、お風呂に入った時などにカミソリでササっと剃るだけであんまり目立たなくなるのですが、腕の毛は太いのか、カミソリで剃っても目立つんです。看護師として働いているのですが、毎日患者さんと触れ合うので気になります。

剃った直後は、小さな黒い点が腕に点々とあるような感じで、触ってもジョリジョリとは感じないのですが、丸2日そのまま放置すれば、パッと見で分かるくらいに毛が生えてきますし、触り心地も男性のヒゲに近いような感じでザラザラとします。冬は長袖ばかりなので、ボーボーですが、露出が増える夏などは、毎日お風呂に入るたびにカミソリで腕をササっと剃っています。剃ると余計に濃くなると言われたりもしますが、だからと言って剃らないわけにはいきません。

今は、主にカミソリで除毛をしているのですが、過去には、除毛クリームや除毛テープなども試したことがあります。除毛テープは、痛い上に肌が真っ赤になってしまい、とてもとても続けられないと思いました。除毛クリームは、行った直後は肌がすごく綺麗になるし、カミソリよりも効果が長持ちするのですが、それでも1週間に一度くらいは行わないといけなかったし、そのペースでやると費用と時間もそれなりにかかってしまうというのが難点で諦めました。

しかも、腕の毛をますますコンプレックスに感じさせてしまうのは、主人の腕が、ツルッツルな事です。主人は、脇や足などは、普通の男性並みに体毛があるのですが、なぜか腕はほとんど毛が生えていないんです。金髪のような細くて短い産毛がうっすら生えている程度で、私の腕よりもよっぽど女子力高いんです。それを見てしまうと、自分の腕につぶつぶ見えている、剃りたての腕毛(毛穴?)さえも恥ずかしくなってしまい、半袖を着るのを躊躇してしまいます。

本当は、脱毛サロンなどでしっかり毛根から脱毛したいなぁという思いもあるのですが、金銭的なことを考えると、子供のいる家庭の主婦が、自分の美容のためにそこまでできないかなぁという感じで今に至ります。もうちょっと給料の良いところに転職しようかな~なんてこのサイトを見ています。⇒※看護ルー